ノンシリコンシャンプーとは?効果とメリット・デメリットを検証!

ノンシリコンシャンプー

スポンサーリンク

Sponsored Link

ノンシリコンシャンプーとは実際どんなものでしょうか?

アミノ酸系シャンプーとともに良く聞くノンシリコンシャンプーにはどんな効果や特徴があるのか、そしてメリットやデメリットにはどんなことがあるのか確認をしていきましょう!

最近女性のシャンプーのCMを見ていると、2つのキーワードをよく耳にすると思います。

一つが「アミノ酸系シャンプー」、もう一つが「ノンシリコンシャンプー」です。

アミノ酸系シャンプーというのは、いくつかあるシャンプー自体の種類の中で、特に髪や頭皮にやさしくしっかりと洗浄してくれるだけでなく必要な皮脂はきちんと残してくれるという効果があります。

そしてもう一つが「ノンシリコンシャンプー」です。

こちらも今注目されていますよね。

そんなノンシリコンシャンプーとはどんなものなのでしょうか。そしてどんな効果があるのでしょうか?

ノンシリコンシャンプーとは?

まず、ノンシリコンシャンプーとはどんなものなのかというのを見ていきたいと思います。

ノンシリコンシャンプーとは、その名の通りシリコンが含まれていないシャンプーになります。

シリコンとはどんな成分?

ではシリコンとはどんなものなのでしょうか?

もともとシリコンがシャンプーに含まれていると、髪のキューティクルに付着しコーティングする効果があります。

このことで、髪の手触りを良くしてツヤを出す効果が期待できます。

ただ、あくまでコーティングするだけで髪を補修したりする効果はありません。

逆にシリコンにばかり頼っていると髪の痛みを進行させてしまうこともあります。

そんなシリコンが含まれていないのがノンシリコンシャンプーになります。

もちろんコーティング効果はありませんが、コンディショナーを併用することで髪本来の健康を取り戻すことができます。

ノンシリコンシャンプーにはどんな効果や特徴がある?

ノンシリコンシャンプーとは、髪をコーティングするシリコンが含まれていないシャンプーです。

ノンシリコンは頭皮や髪に優しい!

シリコンは頭皮に毛穴などに詰まりやすく、それが原因で髪や頭皮を痛めてしまうことになります。

それを排除したのがノンシリコンになります!

シリコンが入っていない分、

  • 地肌の新陳代謝がきちんと行われる
  • 髪本来の健康を保つことができる

という効果が期待できるようになるのです。

つまり、自然な健康の髪を取り戻すことが期待できるのがノンシリコンシャンプーというわけです。

ただ、一つ注意してほしいのが、ノンシリコンシャンプーの内容です。

確かにシリコンが含まれていないものがそう呼ばれますが、実は別のコーティング剤が使われていてもノンシリコンなのです。

その為、もしも健康的な髪のためにシャンプーを選ぶなら、ノンシリコンシャンプーの中でもコーティング剤が使われていないものを選ぶようにしましょう。

ノンシリコンシャンプーのメリットやデメリットは?

ノンシリコンシャンプーは髪や頭皮にいいということで最近注目されていますが、実際にどのようなメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

ノンシリコンシャンプーのメリット

まず、メリットから見ていきましょう。

これは知っている人も多いと思いますが、シリコンとはもともと髪に良いというものではなくあくまで髪のツヤや指どおりを人工的につけたものになります。

見た目はよいのですが、これは髪や頭皮にはよいものではなく、逆に毛穴をふさぐなどして髪に悪影響を与えてしまう可能性があります。

それを排除したノンシリコンシャンプーは髪を健康的にする効果が期待できるのです。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

そして逆にデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

特に今までシリコンの入ったシャンプーを使っていた人は特に髪の軋み(きしみ)を感じやすくなります。

もともとシリコンでコーティングされて髪がつやつやになっていたのでこれは仕方のないことです。

しかし、これは髪が健康的になれば自然と改善されていきます。

そして、傷んだ髪には逆に髪を傷めてしまうということ。

シリコンで今までコーティングされていたものがなくなることで、髪のキューティクルが失われ、逆に髪のダメージが進行してしまうことになるのです。

ノンシリコンは良いといわれていますが、自分の髪の調子に合わせて選ぶようにしましょう。

まとめ

ノンシリコンシャンプーは髪に良いとイメージがありますよね。

確かに、髪を健康に保つということではノンシリコンはいいものです。

しかし、シリコンで髪をコーティングされていた分、そのコーティングがなくなる分余計髪を傷めることになることもあります。

ノンシリコンシャンプーを選ぶ場合には、自分の髪の状態をよく考えてから選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須