天然パーマの原因は遺伝?改善したり治す方法には何がある?

天然パーマの原因

スポンサーリンク

Sponsored Link

天然パーマの原因は遺伝なのか、あるいは遺伝以外にも原因があるのでしょうか?

天然パーマというのは、生まれつき髪がウェーブしていることを言いますよね。

何もしなくてもきれいにウェーブしているので、髪に癖があったり、まっすぐの髪の人から見れば、とてもうらやましいというイメージがあります。

しかし、実は天然パーマの人にとっては

  • とても扱いずらい
  • 髪自体が細いためヘアスタイルを決めるのも難しい

というものなんです。

その為、天然パーマの人の中には、縮毛矯正やパーマでまっすぐな髪にあえてしているという人もいます。

そこで天然パーマを改善したり治すにはどんな方法があるのか、もしパーマをかけたら治るのか、気になる疑問についても見ていきましょう!

天然パーマの原因は遺伝なの?

天然パーマというのは生まれつき髪がウェーブしていることを言います。

そして、天然パーマというのはすべての人が当てはまるわけではありませんが、遺伝の場合も多いものです。

なぜなら、天然パーマを含めたくせ毛というのは優性遺伝といわれていて、

両親のどちらかが天然パーマであれば、高い確率で天然パーマになるようです!

ただ、すべての人が遺伝というわけではありません。

  • 両親がストレートでも天然パーマになる場合もある!

両親がストレートでも、生まれてきた子が天然パーマというのも珍しくありませんよね。

どちらにしても言えることは、天然パーマは先天性のものが多いということ。

  • 髪の毛のたんぱく質の構造が原因!

つまり生まれつきの天然パーマで、その原因はたんぱく質の構造なのです。

質の違うたんぱく質が偏って分布することによって、髪が縮れたりうねったりするといわれています。

天然パーマを改善する方法はあるの?

天然パーマを改善する方法として有効なのが縮毛矯正です。

  • 縮毛矯正の効果は半永久的に持続!

ストレートパーマという方法もありますが、そちらよりも強い薬剤を使用てヘアアイロンなどの熱で髪をまっすぐにすることができます。

縮毛矯正がありがたいのは、その効果は半永久的に持続するということです。

ただ、ここで勘違いしてほしくないのは、

半永久的に持続するのは施術を施した部分のみということです。

髪はどんどん新しく生えてきますよね。

すると、それまで生えていた部分に縮毛矯正を施しても、新しく生えてきた髪にはかかっていないということです。

  • 新しい髪が伸びてくるので定期的に縮毛矯正を行う必要がある!

つまり、天然パーマを縮毛矯正でストレートに持続させるためには定期的に縮毛矯正を行う必要があるのです。

天然パーマは毛穴から改善することはできないので、あくまで髪のみの改善となります。

天然パーマにパーマをかけると治すことができる?

天然パーマの改善方法に、縮毛矯正が有効だということをお話ししました。

では次に同じような効果でストレートパーマも効果を得ることはできるのでしょうか?

確かにストレートパーマも髪をまっすぐにするという意味では同じような効果が得られます。

  • ストレートパーマより縮毛矯正の方が効果的!

ただ、ストレートパーマは縮毛矯正よりも威力が弱いということを知っておくといいでしょう。

縮毛矯正なら半永久的に続くストレート効果。

しかし天然パーマにストレートパーマをかけても一定期間たってしまえばまた自然とくるくるとなってしまうということが多いようです。

もちろん一時的にストレートになりたいというのであれば、それでもいいかもしれませんが、根本的にストレートヘアにしたいというのであれば、やはり縮毛矯正の方がおすすめです。

まとめ

見た目にはかわいくうらやましがられることの多い天然パーマ。

しかし本人はそれが悩みになっているのです。

天然パーマでも、縮毛矯正をかけることによってストレートヘアを手に入れることはできます。

どうしてもストレートヘアにしたいというのであれば、定期的に縮毛矯正をかけるようにしましょう。

スポンサーリンク

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須