髪のプリン状態の放置は汚い印象に!直し方&対処方法とは?

髪のプリン

スポンサーリンク

Sponsored Link

髪のプリン状態を放置していると汚い印象やだらしない女性のようなイメージを与えてしまいますよね。

せっかくカラーリングをしたのに少したてばもう根元から色が戻ってしまい憂鬱なんていう人多いです。

でも、そんなに頻繁に美容院でカラーリングする時間もお金もないし…。

だからと言って、そのままにしておくのも周りの視線が気になりますよね。

そんな髪のプリン状態、どうしていますか?

出来れば次のカラーリングまでできるだけ簡単に対処しておきたいものです!

では、ここではそんな髪のプリン状態について見ていきたいと思います。

髪のプリン状態を放置すると汚いイメージになる?

まず、髪のプリン状態のイメージについて考えたいと思います。

せっかくカラーリングをしてもすぐに内側から色が戻ってしまいますよね。

定期的にカラーリングが出来ればいいのですが、忙しくてついつい放置、なんていうことありますよね。

人の髪の毛は

  • 1日0.3~0.4mm
  • 1ヶ月で9~12mm

伸びることになります。

すると、特に明るい色に染めた後は生え際が直ぐに目立つようになってしまいます。

そんな髪のプリン状態の放置、やはり見た目はあまりいいものではありません。

人にもよりますが、やはり

  • 「汚い」
  • 「だらしない」
  • 「きちんと管理できないなら染めない方がいいのでは」

という意見も多く聞かれます。

ただ、そんな髪のプリン状態ですが、上手にアレンジしている人もいますが、やはりそのままというのはイメージはよくないようです。

髪のプリン状態の直し方とは?

髪の毛のプリン状態を治すためには、やはり髪全体をカラーリング仕直すというのが一番ですよね。

しかし、髪のプリン状態が目立つのは、

  • 明るい色なら染めてから1か月くらい
  • 地毛の色に近い色でも2か月くらい

経過すると気になってくるものです。

つまり、プリン状態から回避するためには1~2ヶ月ごとにカラーリングをしなければならないということになりますよね。

それでもいいのですが、

カラーリングは髪を傷めてしまうため、頻繁に行えば行うだけ髪が傷んでしまいます。

リタッチという方法で染める!

そこでおすすめなのが、リタッチという方法。

リタッチとは、髪の色が変わったところだけ同じ色に染めていくという方法です。

これなら頻繁に行っても髪はあまり傷みません。

それに、リタッチは美容院がおすすめですが、ヘアカラーを購入してセルフで行うことができます。

ただ、自分ではどうしてもムラができてしまうので、周りの人に行ってもらうことおおすすめします。

髪のプリン状態の対処方法とは?

では髪のプリン状態、他の対処方法はないのでしょうか?

とりあえず隠すのであれば、髪型のアレンジで目立たなくすることができます。

髪の毛のアレンジで隠す方法!

ショートヘアなら全体的にふんわりと立ち上げた髪型にすると、プリン状態の場所も目立たなくなります。

そしてどんな髪の長さでも一番大切なのはやはり生え際を隠すということ。

特に気になってくるのが分け目になるのでポンパドールやスクリューや三つ編みをすることで

  • 目立たなくする
  • 人の目を別の髪型のほうにやる

ということで目立たなくなります。

他にも、髪を三つ編みにして冠を作ってしまうと、あまりプリン状態が目立たなくなりますよ。

どうしても髪のプリン状態が気になるときには、上手にヘアアレンジをして隠すようにするのも一つの方法ですよ。

まとめ

カラーリングをしているとどうしても避けて通れないのがプリン状態。

もちろん定期的にカラーリングを行うことも大切ですが、どうしてもできないことってありますよね。

そんな時には

  • 髪型を変えてみる
  • リタッチを利用する

などしてきちんと対処していきましょうね。

スポンサーリンク

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須