頭皮が赤いときのシャンプーは?改善するには病院の薬で治療?

頭皮の角栓の原因

スポンサーリンク

Sponsored Link

頭皮が赤いときシャンプーはどのようなものを選べばいいのでしょうか?

頭皮が赤い時には病院で治療した方がいいのか、頭皮が赤いのを改善する薬はあるのか、についてみていきましょう。

頭皮が赤いとき、どうすれば改善するのかよくわからない人も多いのではないでしょうか?

頭皮の赤みは髪に隠れているので改善も難しそうですが、きちんと原因を突き止めて改善すれば、元に戻すこともできます。

では、頭皮の赤みはどのように改善すればいいのでしょうか?

頭皮が赤い時のシャンプーの選び方とは?

頭皮が赤くなる原因の一つに頭皮の乾燥があります。

頭皮の乾燥の原因は様々で、

  • カラーリング
  • パーマ
  • 紫外線
などの外部的要因。

  • ストレス
  • 栄養不足
など内部的な原因があります。

頭皮の乾燥に効果的なシャンプーを選ぶ!

頭皮の赤みを改善する方法の一つとして、シャンプーを変えるというものがあります。

シャンプーには洗浄力の強いもの、やさしいものがあり、頭皮が敏感だったりお肌が弱い人が洗浄力の強いものを使うと必要以上に皮脂を洗い流してしまい、頭皮が乾燥してしまうのです。

その為、シャンプーが原因で頭皮が赤くなっている場合には、シャンプー自体を見直してみてください。

おすすめのシャンプーは、

  • 洗浄力がやさしい
  • それでいてしっかりと汚れを落とす
ということができるアミノ酸系のシャンプーです。

市販されているシャンプーのほとんどは高級アルコール系と呼ばれるもので、高級とついているのでよいものかと思いがちですよね。

でも実際には、洗浄力が強く、必要以上に汚れを落としてしまうことになるのです。

もしも頭皮の赤みが気になる場合にはアミノ酸系シャンプーに変えてみてはいかがですか?

頭皮が赤い時におすすめのシャンプーと頭皮専用の美容液

頭皮の乾燥による赤みだけでなく、かゆみ・フケのケアもできるアミノ酸系シャンプーです。

  • 荒れた頭皮の状態を鎮める
  • 頭皮に保湿成分を補い潤いを保つ
  • すこやかな地肌に整える
という特徴があります。

そのため頭皮の炎症がひどくなる前に早めにケアするのがおすすめです!

→おすすめの頭皮美容液シャンプーはこちら

→おすすめの頭皮専用の美容液はこちら

こちらのシャンプーや美容液は様々な頭皮トラブルの改善に効果的なのでチェックしてみてくださいね。

頭皮の赤い時には病院で治療した方がいいの?

頭皮が赤い場合、もちろん自分で原因を突き止めて対策をすることで改善する方法もあります。

しかし、

  • かゆみがひどい
  • どんどんと進行してしまう
という場合には病院を受診することを、おすすめします。

頭皮の赤みがひどくなるのをそのままにしておくと、頭皮環境がだんだんと悪くなっていきます。

そして最終的には抜け毛や薄毛の原因ともなり得るのです。

病院での対処方法は、薬での治療がほとんどです。

湿疹、皮膚炎の場合には、炎症を抑えかゆみを鎮める為に、ステロイドの外用剤が処方されます。

ただ、一言にステロイドの外用剤といっても強いものから弱いものまで様々で、専門医がその症状に合わせて処方してくれることになります。

頭皮が赤いのを改善する薬はある?

頭皮が赤くなっているのを改善するために、市販薬を使用する方法があります。

ただ、その症状によって効果のあるタイプが違うので、まずは何が原因になっているか考えてみましょう。

ニキビが原因の場合

例えば、ニキビが原因になっている場合には、市販のステロイド剤の入った塗り薬がおすすめです。

クリーム状のものはべたつくので、ジェルタイプなどがおすすめです。

頭皮の炎症の場合

次に、頭皮の炎症の場合には、抗生物質の入った軟膏をつけておくとすぐに収まります。

ただ、1日たっても全く効果がない場合には、皮膚科を受診するようにしましょう。

あせもが原因の場合

頭皮の赤みの原因があせもの場合も考えられます。

あせもはひどくなると抜け毛の原因になるので注意が必要です。

その場合には、塩酸ジフェンヒドラミン・テシットデシチン・グリチルリチン酸にカリウムなどが配合された市販軟膏を使用してみましょう。

頭皮の赤みはそのままにしておいてもすぐに治るものがほとんどです。

その為、市販薬を使うときには様子を見てから使用し、効果がないようであれば、きちんと皮膚科を受診するようにしましょう。

まとめ

頭皮が赤い原因には様々なものがあります。

そのままにしておいても改善されるものが多いですが、気になる場合には原因を見極めてシャンプーを変えてみたり、市販薬を使用してみましょう。

それで効果がなければ皮膚科などを受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須