頭皮の角栓の原因と除去方法!シャンプーやクレンジングでおすすめは?

頭皮の角栓の原因

スポンサーリンク

Sponsored Link

頭皮の角栓の原因には何が関係しているのでしょうか。

また頭皮の角栓の除去方法や取り方で大切なことや、おすすめのシャンプーやクレンジングについても確認していきましょう。

頭皮の角栓って気にしたことありますか?

よくお肌の角栓という話はよく聞きますよね。

お肌の角栓を気にしていて、毎日洗顔などでしっかりと落とすという人もいると思いますが、角栓というのはお肌だけではなく、頭皮にも発生するものです。

よく毛穴についている白い塊が頭皮の角栓になります。

頭皮の毛穴に角栓が詰まると、頭皮環境の悪化や髪の発育の妨げになるので注意が必要です。

ではここでは頭皮の角質の原因や除去方法について見ていきたいと思います。

頭皮の角栓の原因とは?

頭皮の角栓というのは、何が原因だと思いますか?

多くの人が皮脂の塊だと思っていると思います。

しかし実際には、皮脂に古くなった角質がまじりあったものが角栓なのです。

頭皮の角栓の原因は古い角質を除去できていないのが原因!

頭皮の角栓とはつまり、しっかりと古くなった角質を取り除けないことも角栓の原因として考えられるというわけです。

皮脂に詰まっているのが、皮脂だけであれば、シャワーなどで簡単に洗い流すことができます。

しかし、角質というのはタンパク質でできていて、一度こびりついてしまうとなかなか取り除きにくいものです。

その為、角質と皮脂がまじりあってできている角栓もなかなか取れないのです。

頭皮の皮脂の過剰分泌が原因!

頭皮の角栓が発生する原因として考えられるのが、頭皮の皮脂の過剰分泌です。

皮脂の分泌量が多いというと、髪や頭皮を洗っていないというイメージですが、実はきちんと洗っている人が多いのです。

逆に洗いすぎてしまうことで皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

ほかにも脂っこい食事ばかりしていると、過剰に頭皮の皮脂が分泌される原因となります。

頭皮の角栓の除去方法や取り方とは?

頭皮の角栓の原因は、頭皮の皮脂の過剰分泌が考えられます。

その為、頭皮の角栓を除去するためには、まず頭皮の皮脂をしっかりと落とすことが大切になってきます。

洗浄力の強いシャンプーは注意が必要!

頭皮の皮脂をしっかり落とすということを考えると、洗浄力の強いシャンプーが必要なのではと思いますよね。

しかし、実は頭皮の皮脂が過剰分泌している人の多くは、洗浄力が強すぎるシャンプーを使用していることが原因となっている人が多いのです。

その為、頭皮の角栓が気になる人はまずは自分に合ったシャンプーを選ぶことが必要になってきます。

もしも洗浄力が強すぎるシャンプーを使っているのであれば、洗浄力のやさしいシャンプーに変えてみてください。

アミノ酸系のものなら、

  • 洗浄力がやさしい
  • しっかりと汚れを落としてくれる
というメリットがあるので、おすすめですよ。

ただシャンプーの成分がよいため、少し値段が高くなってしまうというデメリットがあります。

頭皮の角栓を落とすシャンプーやクレンジングとは?

頭皮の角栓を落とすためには、まずは自分に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう。

洗浄力のやさしいアミノ酸系シャンプーを選ぶ!

頭皮の角栓を落とすというと、しっかりとシャンプーで洗わなくてはいけないと考えますよね。

でも実際には強い力でごしごしと洗ってしまうことでさらに皮脂が過剰分泌し、それがまた角栓を発生させる原因となってしまうのです。

その為、頭皮の角栓を抑えるためには、まず洗浄力のやさしいシャンプーを選ぶことも必要になってきます。

頭皮クレンジングオイルのおすすめ

そしてもう一つ、定期的に発生してしまった角栓を落とすことも大切です。

毛穴に詰まってしまった角栓を落とすのには、頭皮クレンジングも有効です。

頭皮クレンジングの方法は、まずブラッシングで皮脂を浮かしやすくします。

そして専用のオイルやホホバオイルなどをを頭皮全体になじませ、2~3分頭皮マッサージをします。

そして10分ほどそのままにしてオイルをなじませた後、まずはシャワーで落とした後、シャンプーでしっかりと汚れとオイルを落とします。

定期的に行うことで頭皮の角栓をすっきりと落とすことができますよ。

まとめ

頭皮の角栓が詰まり続けると、

  • フケのように落ちてくる
  • 頭皮環境の悪化や薄毛や抜け毛の原因になる
ということが考えられます。

もしも頭皮の角栓が発生してしまったら、その原因を突き止めてしっかりと改善していくことが大切になります。

そのため

  • 普段使っているシャンプーを見直す
  • 定期的に頭皮クレンジングなどを行う
などの対策をして、頭皮の角栓をすっきりと落とすようにしましょう。

スポンサーリンク

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須