頭皮が痛い原因とは?ヘラカラーやパーマや分け目が関係?

頭皮が痛い原因

スポンサーリンク

Sponsored Link

頭皮が痛い原因にはどんなことが考えられるのでしょうか?

多くは頭皮環境の悪化による頭皮の炎症や乾燥です。

しかし頭皮が痛い原因は、ヘラカラーや白髪染めやパーマ、いつも同じ分け目やお団子ヘアなど、頭皮への直接的な原因という場合もあります。

今回は、頭皮が痛い原因の中でも、直接的な原因をいくつか見ていきたいと思います。

頭皮が痛いのはヘアカラーや白髪染めが原因?

頭皮が痛い原因の一つとしてヘアカラーや白髪染めが考えられます。

ヘアカラーや白髪染めというのは、薬品によって髪の色を染めるわけですから、どうしても頭皮に刺激を与えてしまいます。

特に女性は、

  • 頭皮が弱い
  • 頭皮が敏感
という人が多いですよね。

ヘアカラーや白髪染めは美容師さんにお願いをする!

その為、カラーリング剤が頭皮に触るだけで痛みを感じるという人もいるようです。

これを解消するためには、なるべく頭皮に負担をかけずにカラーリングや白髪染めを行うということです。

その為には、やはり自分で行うよりもプロである美容師さんなどにお願いするということです。

ただ、頭皮につけずに髪を染めるということはプロでも難しいと言われています。

そのため頭皮に痛みを生じる場合には、

  • ヘアマニキュアにする
  • 頻度を抑える
ということも対策の方法になってきます。

頭皮が痛いのはパーマが原因?

頭皮の痛みの原因の一つにパーマがあります。

実はパーマ剤の成分にも頭皮に負担を与える成分が多く含まれるため、頭皮が傷んでしまうのです。

パーマ液がおでこなどに垂れてきたとき、赤くなったり、ヒリヒリしたという経験がある人も多いのではないでしょうか?

中には、頭皮への負担が弱いパーマ剤を使用している美容室や、パーマ剤が頭皮になるべくつかないように熟練した技術を持つ美容師さんがいるところもあります。

特に頭皮が弱かったり敏感な人はそちらを選ぶといいかもしれません。

パーマ後の頭皮ケア対策

そして、パーマ後に頭皮が傷むのを緩和する方法もあります。

それは、

  • 洗浄力の強すぎるシャンプーを使用しないこと
  • シャンプーするときには頭皮をマッサージするように行うこと
  • 頭皮の傷みがひどい場合には保湿効果のある頭皮専用のローションを使用する
などの対策方法があります。

→「頭皮の乾燥をケアするシャンプーや保湿ローション」の記事へ

頭皮が痛いのはいつも同じ分け目なのが原因?

頭皮が痛い原因の中には、毎日同じ分け目をしているということも十分に考えられます。

なぜかというと、同じ分け目にしていると、髪の毛が毎日同じ方向へ引っ張られることになります。

そのため同じ場所の頭皮に負担がかかってしまうので、頭皮の根ものである生え際に鈍い痛みを感じてしまうのです。

分け目の位置を少しづつ変えてみる!

頭皮の痛みが分け目が原因の場合、毎日少しずつ分け目は変えてあげるといいでしょう。

因みに毎日同じ分け目にしていて急に分け目を変えてみても痛みを感じることがあります。

これには、普段ずっと同じ髪型で急に分け目を変えたため、毛流れに逆らうことになり頭皮への負担が増えて痛みを生じてしまうということが考えられます。

頭皮が痛いのはお団子ヘアのせい?

お団子ヘアをすることで頭皮が痛みが出ることもあります。

これはある程度想像がつきますが、やはり髪が一定時間強く引っ張られることによって生じます。

そして1日お団子をしていてそのお団子をほどいたときに痛みを生じることもいあります。

これは、髪の毛の生える方向に逆らって長時間結んでいるので、戻したときにその反動で痛みが出るということになります。

まとめ

どうでしたか?

頭皮の痛みには頭皮環境の悪化が大っ考えられていますが、パーマやカラーリングなど直接的なものも頭皮の痛みの原因として考えられます。

直接的な原因での頭皮の痛みの場合は、改善することですぐに痛みを抑えることができるものがほとんどなので、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須