頭皮の日焼けの症状とは?日焼け止め対策はスプレーが効果的?

若白髪

スポンサーリンク

Sponsored Link

頭皮の日焼けの症状とはどんなものでしょうか。

そして頭皮の日焼け止め対策にはスプレーが効果的なのでしょうか。

また頭皮の地肌が日焼けした時のケア方法はどうしたらいいのかみていきましょう!

日差しが強い中、レジャーを楽しんだ後、ふと頭皮がピリピリとするというときってありませんか?

これは、頭皮の日焼けによるものです。

頭皮は普段髪の毛に隠れていて、日焼けとは無縁なイメージがありますが、実際には頭皮も日焼けするものなのです。

身体や顔はしっかりと日焼け対策をするのに、頭皮って日焼け対策をしませんよね。

しかし、頭皮も紫外線などでダメージを受けるんです。

では、頭皮が日焼けしないようにするにはどのように対策をしたらいいのでしょうか?

頭皮が日焼けした時の症状は?

頭皮が日焼けしても、見た目は髪に隠れてしまいあまりよくわかりませんよね。

では、頭皮が日焼けした時には、どのような症状が現れるのでしょうか?

頭皮にかゆみや痛みの症状がでる

頭皮が日焼けをしてしまうと、頭皮に

  • かゆみ
  • 痛み
が生じます。

その症状は、炎症の程度によって違ってきます。

軽い症状であれば、頭皮の乾燥によるかゆみ程度ですみます。

しかし、症状が重くなると痛みを生じることもあります。

頭皮に痛みの症状がでた場合には、きちんと皮膚科を受診する必要が出てきます。

しばらくは、抗炎症作用のある薬やかゆみ止めなどが処方されることになると思います。

頭皮の日焼け止め対策はスプレーが効果的なの?

日焼け止めというと、クリームやローション・パウダー・スプレータイプがありますよね。

お肌に塗る場合には、その状況や好みによって使い分けるなんて言う人もいると思います。

しかし、頭皮というと、どうしても髪の毛があるので日焼け止めを塗りにくい場所でもありますよね。

そんな場合におすすめなのがスプレータイプです。

頭皮にはスプレータイプが塗りやすく便利!

頭皮の日焼け止めスプレーは、直接吹きかけることができるのでとても便利で塗りやすいのです。

さらに、スプレータイプは、紫外線吸収剤を使っているものが多いので、汗で流れにくくなっているのです。

ただ、敏感肌の人に紫外線吸収剤は刺激になってしまうこともあるので気を付けましょう。

中には髪や頭皮専用の日焼け止めスプレーもあるのでそちらをお勧めします。

頭皮の日焼け止め対策におすすめのスプレー

髪や頭皮専用の日焼け止めスプレーでおすすめを二つ紹介します!

ミルボン ディーセスデイチャームUVミスト

日焼け止めで頭皮におすすめが、「ミルボン ディーセスデイチャームUVミスト」です。

ミルボン ディーセスデイチャームUVミスト

⇒「ミルボン ディーセスデイチャームUVミスト」はこちら

頭皮専用にもかかわらず、紫外線防止効果が高いのが特徴です。

3種類の香りがあるので好きなものを選んでみてください。

頭皮が日焼けした時のケア方法は?

頭皮の日焼けもほかの部分と症状は基本的には同じになります。

その為、必要になってくるのはまず、

  • 冷やすこと
  • 保湿すること
です。

頭皮の冷やし方

頭皮のかゆみや痛みが治まるまで、シャワーなどでひたすら水をかけるようにしましょう。

身体が冷えてしまうこともあるので、そんな時にぬれタオルや保冷材を使用して頭を冷やすようにしましょう。

頭皮の保湿の仕方

頭皮の保湿は、普段お肌に使っている化粧水や乳液を使用して保湿をすれば大丈夫です。

もちろん、保湿なので椿油やオリーブオイルなどでの保湿もオッケーです。

ただ、症状が重い場合や、汁が出てしまっている場合位は、自分で対処せずに皮膚科を受診するようにしましょう。

まとめ

頭皮というのは、普段髪の毛に隠れているために、日焼けなどのダメージは受けるイメージがありませんよね。

しかし、長時間強い日差しにさらされれば、もちろん日焼けをしてしまうことになります。

まず大切なのは、頭皮も他のお肌と同じように、日焼け止めや帽子などでしっかりと日焼け止め対策を怠らないこと。

そして、もしも日焼けをしてしまったら、きちんと対処をすることが大切になってくるのです。

頭皮の日焼け対策をする場合も、他のお肌と同じように大切なのは冷やすこと・そして保湿です。

ただ、我慢できない頭皮の痛みや、異常が現れている場合には自分で対処をするのではなく、皮膚科を受診してきちんと改善していくことが必要になってきます。

頭皮もお肌の一部なので、きちんと日焼け対策をしておくように心がけましょう。

スポンサーリンク

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須