髪の毛が伸びる早さとは?伸びるスピードが早い遅いの原因!

髪の毛が伸びる早さ

スポンサーリンク

Sponsored Link

髪の毛の伸びる早やさとはどれくらいなのでしょうか?

髪の毛を切りすぎてしまったときなど早く伸びてくれないかな?なんて思いますよね。

では髪の毛の伸びるスピードが早い人と遅い人には原因や違いが何かあるのかみていきましょう。

人によって

  • 「自分は髪の毛が伸びるのが早いのでは?」
  • 逆に「自分は周りの人よりも伸びるのが遅いのでは?」

と感じ方も違います。

もちろん髪の毛の伸びる速さは人それぞれですが、ある程度どのくらい伸びるのかというのは決まっているようです。

では、実際に髪の毛はどのくらいの速さで伸びるのでしょうか?

そして、髪の毛の伸びる速さの早い人、遅い人にはどのような違いがあるのでしょうか?

髪の毛の伸びる早さとは?

髪の毛の伸びる速さ、普段意識視されていますか?

個人差はあるものの、髪の毛の伸びる速さはある程度一定のようです。

1ヶ月に髪の毛が伸びる平均の長さ

では、どのくらいの速さで伸びるのかというと、だいたい1か月に1センチ程度といわれています。

もちろん個人差はありますのでこれよりも早く伸びるという人もいますし、これほど伸びないという人もいるでしょう。

状況によって感じ方が違う!

ただ、伸びるスピードはありますが、その人の状況によっても髪の伸びる速さの感じ方は違ってくると思います。

  • 髪を切り過ぎた人の場合

例えば、髪を切りすぎてしまい、少しでも早く伸びて元の髪に戻したいと考えている人には髪の伸びる速さはきっと遅く感じることでしょう。

  • 髪を切りたくない人の場合

逆に、男性などで床屋さんに行くのがちょっと面倒、少しでも髪が伸びるのが遅くならないかなという人は、気が付いたら伸びていた、伸びるのが早いと感じると思います。

髪の伸びる速さはある程度決まっていますが、伸びる早さの感じ方はその人それぞれだと思いますよ。

髪の毛の伸びるスピードが早い人には原因がある?

人の中には、髪の毛の伸びる早さが周りよりも早いという人、いますよね。

もちろん髪の伸びる早さには個人差がありますが、特に早いという人には何か原因が考えられるのでしょうか?

髪の毛の栄養と成長ホルモン

これは、実は栄養と成長ホルモンが考えられます。

よく、身長が伸びる子はしっかりと栄養を摂ってたっぷりと睡眠を取るとよいなんて言いますよね。

実は髪の毛も同じなんです。

まず、髪の毛に欠かせない栄養が、髪の元となる

  • タンパク質
  • ミネラル

です。

これをしっかり取ることが大切です。

睡眠時間

そして、もう一つが睡眠です。

髪を成長させるのは成長ホルモン。

この成長ホルモンは寝ている間に分泌されるんです。

眠ってから2時間ほどから出始めて、それから4時間は出続けるそうです。

つまり、睡眠は6時間以上取ることが望ましいということですね。

さらにいうと、髪の伸びるのは男性ホルモンが影響しているので、特に男性は女性よりも髪が伸びやすいそうですよ。

髪の毛が伸びるスピードが遅い人の原因とは?

髪の毛が伸びるスピードが遅くなってしまう原因は、先ほどお話しした髪の毛が早く伸びる原因の逆になります。

髪の毛の栄養不足

まず一つが栄養不足。

髪の必要な栄養素はタンパク質やミネラルです。

この栄養が不足すれば、もちろん髪の成長は遅くなります。

血行が悪い

さらに、髪の栄養分を頭皮に送っているのは血液です。

その為、喫煙している人はニコチンの効果で血管を細めてしまい、栄養が行き届きにくくなり、結果髪の成長を妨げる原因となってしまいます。

睡眠不足

そして重要なのやはり睡眠です。

髪は成長ホルモンで伸びますが、それは寝ている間に分泌されます。

つまり、睡眠時間が足りなかったり、しっかりと睡眠ができていなかったりすると、成長ホルモンの分泌量も減り、結果髪が伸びるのが遅くなってしまうということになるのです。

まとめ

どうでしたか?

髪を早く伸ばしたい人もそうでない人も参考になったのではないでしょうか?

髪というのは成長と同じでしっかりと栄養を取り、睡眠を摂ることで伸びるものです。

もしも自分だけ髪が伸びるのが早いと感じる人は、きちんと栄養と睡眠が取れれている人ではないでしょうか?

特に髪を早く伸ばしたいと感じる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須